2014年08月20日

義太夫(ぎだゆう)

CL22.1


三味線を伴奏楽器として、太夫が語る音楽が浄瑠璃。

竹本義大夫が1684年頃、道頓堀に竹本座を開設して、義太夫節が完成。

浄瑠璃の音曲の中心となります。

『歌う』ではなく、『語る』と言われる音曲は『語り物』というそうです。

太夫の竹本住大夫(ゆみたゆう)さんは、劇中の多くの登場人物を語り分けていきます。

男性の声ながら、その場その場で女性、子供の声に思えてしまう表現力に感心します。


CL22-2

CL22-3


   
 


同じカテゴリー(Culture)の記事画像
呑み鉄
ディーゼル
円
静
昭和新道
73kg級決勝
同じカテゴリー(Culture)の記事
 呑み鉄 (2019-01-11 13:00)
 ディーゼル (2019-01-09 13:00)
  (2019-01-01 08:00)
  (2018-12-31 13:00)
 昭和新道 (2018-12-22 13:00)
 73kg級決勝 (2018-09-10 19:00)


Posted by I'll Be Home  at 20:29│Comments(0)Culture
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。