2014年08月16日

とろろ汁

CL20.1


京都左京区の老舗料亭『平八茶屋』の名物、とろろ汁。

街道沿いの茶屋の頃からの名物だそうです。

米は年貢として出していたので、栄養価の高い麦を白米のかわりにし、パサパサ感を無くすために山芋(丹波産つくね芋)をすりおろしたものをかけて食べたのが始まり。

山芋には消化作用があり、麦の消化の悪さを助け、腹にも残らず、すぐに動きだせることから旅人の食事として重宝されたそうです。

夏バテの食事にはピッタリ。

一緒に出されるぐじ(甘鯛)の向付もおいしそうです。

CL20.2

CL20.3




同じカテゴリー(Culture)の記事画像
73kg級決勝
武相荘
白洲次郎
「やったー。」
金太郎飴
龍安寺の歌
同じカテゴリー(Culture)の記事
 73kg級決勝 (2018-09-10 19:00)
 武相荘 (2018-08-29 18:00)
 白洲次郎 (2018-08-24 19:00)
 「やったー。」 (2018-06-02 19:00)
 金太郎飴 (2018-05-21 18:00)
 龍安寺の歌 (2018-05-17 19:00)


Posted by I'll Be Home  at 20:32│Comments(1)Culture
この記事へのコメント
とろろ、つるつる口に入って何杯もいけそうな・・
これはいいです、明日長芋買ってこよう(^-^)
夏バテにいいですね!
Posted by える☆ at 2014年08月16日 22:26
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。