2017年08月31日

そこまでやるか



電車の時刻に余裕有り。

鳥居坂から東京ミッドタウンへ、安藤忠雄氏設計の21-21 DESIGN SIGHTを目指す。

「そこまでやるか」の文字。

何の展示をしているのかと考えながら、地下へともぐる。





  


Posted by I'll Be Home  at 19:30Comments(0)Architecture

2017年08月30日

STRUTTIN'/お気に入りの1枚-vol.43



ほろ酔い気分で足を運んだバー。

壁に飾ってあったジャズ・アルバム。

確か、家にもあったはず。

SONNY CLARK(ソニー・クラーク)は、テナーサックス奏者でしたかと聞くと、

ピアニストですというマスターの答え。

ジャケットのタイトスカートとハイヒールの足元に引かれて

買ったのだから覚えているはずがない。

改めて聞いて、絵に。

バーには、ラジオ番組「BAR AVANTI」のカクテルの本がありました。


  


Posted by I'll Be Home  at 19:30Comments(0)Music

2017年08月29日

緑のランチ


宿泊棟とレストラン

国際文化会館。

水平に連なる線を眺めながら、ロビーでしばし静かな時間を過ごす。

この2日間で、最も気持ちの良い時間である。

昼が近い。

昨晩は駿河台で吉野家の牛丼。

今日はリッチにレストランへ。

緑の眺めの良い窓際の席でパスタランチ。


庭園


レストランテラス席  


Posted by I'll Be Home  at 19:30Comments(0)Architecture

2017年08月28日

国際文化会館


アプローチ

人数まばらな午前中の六本木通り。

五丁目の交差点から、鳥居坂へ。

緑の木立に囲まれた建物が見えてくる。

かねてから訪れたいと思っていた『国際文化会館』。

前川國男、板倉準三、吉村順三の三氏の共同設計による国際文化交流施設。(1955年竣工)

エントランスをくぐり、ロビーへ。

六本木とは思えない緑がガラス越しに広がる。

ロビーの椅子でしばし時間を過ごす。


エントランス


庭園
  


Posted by I'll Be Home  at 19:00Comments(0)Architecture

2017年08月27日

21/お気に入りの1枚-vol.42



「21」、年齢だそうだ。

ADELE(アデル)、イギリスの歌手。

「ADELE 19」がデビューアルバムということは、19才でのデビューということになる。

20才前後でこの歌いぶり、圧倒されますな。

ハスキーな感じは同じ、こんな感じで歌いたいなー。

1988年の生まれらしいので「ADELE 29」がリリースされているのだろうか。


  


Posted by I'll Be Home  at 17:00Comments(0)Music

2017年08月26日

聖橋から



神田川、駿河台と湯島にかかる聖橋(ひじりばし)。

ニコライ堂と湯島聖堂を結ぶことから名付けられたらしい。

中央線、総武線、丸ノ内線の列車と多くの人々が行き交う夜の御茶ノ水駅。

聖橋は「高寿命化の工事中」、橋の反対側には複数のクレーンタワー。

晩飯所をさがし、駿河台側へ聖橋を渡る。

おなか、すきました。

(工事前の水道橋側の聖橋をサインペンで書いてみました。)


  


Posted by I'll Be Home  at 19:30Comments(1)Photos

2017年08月25日

美術館で写真



スロープを上がり『国立西洋美術館』2階の展示室。

乳白のガラス越しに自然光が入る回廊上の展示スペース。

久々の美術館、驚いたことに皆さんデジカメやスマホで気軽に展示品の写真を撮っている。

(もちろん撮影禁止の表示がされた展示品もあるようだが。)

そして、展示品を見て歩くスピードも心なしか早い。

足を止めてふと考える。

建物をゆっくりと記憶の中に納めに来たのか、写真にただあわただしく納めに来たのか。

閉館時刻である。

国立西洋美術館から外に出る。目の前にル・コルビュジエ氏のフランスの事務所で学んだ

前川國男氏の東京文化会館が水平に広がる


国立西洋美術館


東京文化会館  


Posted by I'll Be Home  at 19:00Comments(0)Architecture

2017年08月24日

6m



ホップ、ステップそしてジャンプの三段跳び。

世界陸上ロンドン大会優勝のアメリカ選手の記録は、18m手前。

入賞する選手は、17m前後を跳んできます。

ということは、3歩で約18m跳ぶとすると「1歩約6m」ということに。

190㎝台の選手が当たり前とはいえ驚きです。

ジャンプ力には多少自信あり、最も跳べた中、高校の幅跳びの記録が1歩にも及ばない。




  


Posted by I'll Be Home  at 19:00Comments(0)TV

2017年08月23日

開催中



ASJ庄内スタジオでは、酒田市総合文化センターで明日まで『建築家作品展』を行っています。

会場では、建築家の設計による住宅写真、模型やCGが展示され、ゆっくりとご覧になれます。

ぜひ、お気軽にお立ち寄り下さい。

■期間:8月18日(金)~8月24日(木)15:00
     (日曜、最終日以外は9:00~22:00まで開館)

■場所:酒田市総合文化センター 1Fモール
     (酒田市中央西町2-59)
※会場には、自由にお持ち帰りのできるフォト・カードも準備させていただいております。


会場風景


フォト・カード
  


Posted by I'll Be Home  at 17:00Comments(0)Event

2017年08月22日

飛んでくる



世界陸上ロンドン大会。

終盤の競技「三段跳び」。

着地地点に低くセットされたカメラ。

空から飛んでくる、飛んでくる、選手が飛んでくる。

そして砂につきささる。




  


Posted by I'll Be Home  at 20:00Comments(0)TV

2017年08月20日

写真、CG、模型を展示


会場風景

ASJ庄内スタジオでは、酒田市総合文化センターで18日より『建築家作品展』を行っています。

会場では、建築家の設計による住宅写真、CGや模型が展示され、ゆっくりとご覧になれます。

ぜひ、お気軽にお立ち寄り下さい。

■期間:8月18日(金)~8月24日(木)15:00
     (日曜、最終日以外は9:00~22:00まで開館)

■場所:酒田市総合文化センター 1Fモール
     (酒田市中央西町2-59)

※会場には、自由にお持ち帰りのできるフォト・カードも準備させていただいております。


会場風景


フォト・カード

  


Posted by I'll Be Home  at 08:30Comments(0)Event

2017年08月19日

シリーズ/お気に入りの1冊-vol.36


不運と思うな 大人の流儀6/伊集院 静

伊集院氏の大人の流儀シリーズ。

『八文字屋』さんの書棚にズラリと備っていました。

伊集院氏曰く、「本とは伝えたい事柄が記してある「物」。それ以外の何物でもない。」

「書物はこれを読み、そのうちに何があるかが肝心である。」

そう読んだはずなのに、シリーズ全てを読んでいることに自己満足。

「私たちの生は、生きている誰かのためにあるのであって、不運などという、

いい加減な、他人が勝手に思う状況の中で生きていることではないことをわかって欲しい。」

(不運と思うな より)  


Posted by I'll Be Home  at 19:30Comments(0)Books

2017年08月18日

建築家作品展



ASJ庄内スタジオでは、酒田市総合文化センターで本日より『建築家作品展』を行っています。

会場では、建築家の設計による住宅写真、模型やCGが展示され、ゆっくりとご覧になれます。

ぜひ、お気軽にお立ち寄り下さい。

■期間:8月18日(金)~8月24日(木)15:00
     (日曜、最終日以外は9:00~22:00まで開館)

■場所:酒田市総合文化センター 1Fモール
     (酒田市中央西町2-59)


  


Posted by I'll Be Home  at 18:00Comments(0)Event

2017年08月17日

世界遺産



東京文化会館の向かい側、『国立西洋美術館』へ。

ル・コルビュジエ氏(1887~1965年)の設計。

2016年7月、世界遺産に登録された7か国、17の建築群。

『国立西洋美術館』はその中の1つ、唯一日本国内にある作品である。(1959年竣工)

開館時間が残り少ないので、早足となる。

寺院のような円柱が伸びる19世紀ホール。

三角のトップライトから日が差す中、スロープを上に。




  


Posted by I'll Be Home  at 19:30Comments(0)Architecture

2017年08月16日

劇場という街



上野『東京文化会館』

コンクリート打放しの外観とのギャップ。

赤、黒、そして金色が主張する会館、溢れんばかりの人である。

建物の中に1つの街が存在しているかのような感覚になる。

ビルの3階の窓から女性が見ているではないか。

1961年の竣工。(前川國男氏 56才)

力に満ち溢れた建物である。

「人が集まる場所には建物が寄り合っている。なぜなら建物も生きているからだ。

生きている証拠に、建物には精気のあるものとそうでないものがはっきりとあらわれている。」

(旅人よ どの街で死ぬか/伊集院 静氏より。)




  


Posted by I'll Be Home  at 19:30Comments(0)Architecture

2017年08月13日

LEICA



父の忘れ物。

小さなデジカメしか手にしないせいか、ズシリと重い。

茶のカバーの肩紐が、肩にくい込みそうな重さ。

LEICA(ライカ)のカメラか。

LEICAが、ドイツの有名なメーカーであること以上の知識はないので、Wikipediaで調べる。

『Mシリーズ』という機種だろう。

「カッシャ―」と、いかつい形に似合わない控えめな音。

シャッターは押せるが、ピントが合わせられない。

父の写真は見たことがないが、現像の設備を持っていた記憶がある。

現像液のすっぱいような臭い。

大切なカメラだったのに違いない。




  


Posted by I'll Be Home  at 17:00Comments(0)Photos

2017年08月12日

作品展



ASJ庄内スタジオでは、下記日程で『建築家作品展』を行います。

会場には、建築家との家づくりの実例「写真パネル」、設計内容をお客様に、

より理解してもらうために使用する「模型」や「CGイメージ」などを展示しています。

ぜひ、お気軽にお立ち寄りください。

■期間:8月18日(金)12:00~8月24日(木)15:00
     (日曜、最終日以降は9:00~22:00まで開館)
■場所:酒田市総合文化センター 1Fモール
     (酒田市中央西町2-59)




  


Posted by I'll Be Home  at 19:30Comments(0)Event

2017年08月11日

公園口



上野駅公園口。

ここの改札をくぐるのは30数年ぶりだろう。

(なぜか、昔は改札をくぐると言った。)

上越新幹線が東京駅に乗り入れて以来だから。

東京、最初の目的は公園口を出て真正面、前川國男氏(1905~1986年)設計の

『東京文化会館』。曲線を描く大きな庇が圧倒的である。

学生の頃、建築は盛んにポスト・モダンなどと言われた時期、あまり上野には立ち寄らなかった。

エントラスをくぐる。

なんだろうすごい。いきなりの赤である。




  


Posted by I'll Be Home  at 19:30Comments(0)Architecture

2017年08月10日

街並み



世界陸上ロンドン大会

同日に行われた男女マラソン。

ロンドンの中心を周回するコースです。

人の視線の高さ、空からと映し出されるロンドンの街並み。

歴史的建物に現代的建物、屋上庭園に屋上の機械群。

車線数のある道路に、車の入れない石畳の道路。

なにか魅力的です。

画一的でないおもしろさでしょうか。

約5時間、マラソンと同時にロンドンの街並みに見入ってたことに。

連日の寝不足。




  


Posted by I'll Be Home  at 19:30Comments(0)TV

2017年08月09日

年取ってからの/お気に入りの1枚-vol.41


今日まで そして 明日からも、吉田拓郎

中学の頃は、誰かと言われれば泉谷しげるさん、無骨な感じ。

30,40代は井上陽水さん、お洒落感。

今まで、ほとんど聞いたり、歌ったりしたことがなかったのに、

なぜか年をとってから吉田拓郎さん。

飾り気がないからか。

奥田民生さん、寺岡呼人さん・竹原ピストルさん、徳永英明さん、ポルノグラフティなどが

吉田拓郎さんの曲を歌ったアルバム。

吉田拓郎さんの新しいアルバムかと思い買ってしまいました。老眼鏡持っていなかった。

でも、これはこれで心地よいアルバムです。
  


Posted by I'll Be Home  at 19:30Comments(0)Music