2018年11月09日

SUITS-5



敏腕弁護士ハーヴィーをライバル視するも、相手にされない弁護士ルイス・リット。

部下からもなめられがちだが、どこかにくめない役柄。

濃いルックスでおなかも出ているが長身、さし色のネクタイがいつもステキ。




  


Posted by I'll Be Home  at 18:30Comments(0)Fashion

2018年10月28日

SUITS-4



弁護士事務所「ピアソン・ハードマン」のアシスタント。

敏腕弁護士ハーヴィーの片腕マイク・ロスの恋人役。

タイトなスカートにブラウス。

イギリス王室、ヘンリー王子のお嫁さんです。


  


Posted by I'll Be Home  at 09:00Comments(0)Fashion

2018年10月18日

SUITS-3



ドラマの舞台、法律事務所「ピアソン・ハードマン」の敏腕弁護士ハーヴィーが

顧問弁護士を務める企業の女性CEOエヴァ・へシントン。

「シャネル・スーツ」をイメージさせるタイトで凛々しいファッション。

背筋の通ったキレイな姿勢が印象的。




  


Posted by I'll Be Home  at 17:30Comments(0)Fashion

2018年10月08日

サルトリア



道行くオシャレなナポリの男性達。

サルトリアと呼ばれる仕立て屋の店主もオシャレ。

ガイド役の古澤厳さんもオシャレ。

画面を見ているだけで楽しい「旅するイタリア語」。

10月からは俳優の田辺誠一さんがガイド役の新しいシリーズ。




  


Posted by I'll Be Home  at 10:00Comments(0)Fashion

2018年10月07日

SUITS-2



「SUITS」

弁護士事務所が舞台のアメリカドラマ。

マイク・ロス、天才的な頭脳を持つがやむを得ず数学の答案を売ってしまい

ハーバード大学への編入を取り消された過去を持つ青年。

細身の体に合わせたような巾の狭い襟、細身のネクタイ。




  


Posted by I'll Be Home  at 10:00Comments(0)Fashion

2018年09月17日

SUITS



クールビズ以来、1年間の半分もネクタイを締めなくなってしまった。

BSのドラマ専門チャンネル「D LIFE」の「SUITS」。

弁護士事務所が舞台のアメリカドラマ。

番組名の通りファッション雑誌を見ているかのよう。

ビジネス・スーツ姿のカッコいい登場人物ばかり。

敏腕弁護士の「ハーヴィー」。

胸板の厚い絵に書いたようなスーツ姿。

ジャケットの襟、ネクタイも少し太め。




  


Posted by I'll Be Home  at 19:00Comments(0)Fashion

2018年08月20日

肩上がらず



誰が買ったかも忘れた我が家の健康器具。

足を開くと負荷のかかるヒップ・シェイパー、

そして両腕で握り背筋を伸ばし体幹を鍛える

一輪車らしきもの。(名前わからず)

マッスルブームに乗って、日々、夜な夜な鍛える。

違和感のあった左肩(40、50肩か)、結果左腕痛みで全く上がらず。


  


Posted by I'll Be Home  at 18:00Comments(0)Fashion

2018年06月05日

年とオシャレ



久々に、テレビでファッションデザイナーのタケオ・キクチ氏(菊池武夫)を拝見しました。

年を重ねられてもカッコいい。

少し出たおなかをうまく演出。

絵をかきながら、「年をとれば、とるほど、オシャレにならなければ」ということなのだろうと実感。


  


Posted by I'll Be Home  at 19:30Comments(0)Fashion

2017年10月27日

打放しトートバック



東京ミッドタウン 21-21 DESIGN SIGHT。

『コンクリート打放し』が代名詞の建築家 安藤忠雄氏設計の美術館。

お土産にと、美術館のshopで買ったコンクリート打放しをあしらったトートバッグ。

「打放しって何?」。不評.....。



21-21 DESIGN SIGHT
  


Posted by I'll Be Home  at 20:00Comments(0)Fashion

2017年09月05日

バックスキン



バックスキンと言うと、皮の裏側を使用したものという感じがしますが、

実は皮の表面をサンドペーパーなどで起毛させたものを言うのだそうです。

しかも、皮の種類によって呼び方が違うらしいのです。

「バックスキン」は、鹿。

「スウェード」は、牛や羊や山羊。

「ヌバック」は、牡鹿。

バックスキンは、汚れの処理が気になりますが、「GU」で見つけました。

3000円代の靴。

(スケッチはバックスキン?)  


Posted by I'll Be Home  at 19:30Comments(0)Fashion

2017年07月11日

白いワイシャツ



東京ミッドタウンに寄った。
お洒落なビルに、お洒落な女性たち。
しかし、男性がよろしくない。
クールビズなのだろうか、ネクタイのない白い半袖シャツの方が大半。
どうもさえないのである。
お洒落な人に言わせると、白いワイシャツの着こなしほどむずかしいものはないらしい。
NHKで放送された『SAPEUR(サプール)』に登場するお洒落を楽しむコンゴの男性たち。
白いワイシャツにビシッとネクタイできめています。
熱いだろうに、「男はやせがまん。」
東京は35℃。流れ出る汗の止まらない私はエントランスホールのソファーで、背中を丸めて扇子でパタパタ一休み。
なんともだらしない。
(上の絵はSAPEURの気持ちで書いてみました。)




  


Posted by I'll Be Home  at 19:00Comments(0)Fashion

2017年06月24日

SAPEUR



NHKで放送された『SAPEUR(サプール)』が本に。
番組では、おしゃれを楽しむコンゴの男性たちを追ったドキュメンタリーでした。
天性のものなのか、それとも磨き上げた結果なのか、改めてその色づかいに感心するばかり。

WHAT IS SAPEUR(祥伝社)




  


Posted by I'll Be Home  at 19:30Comments(0)Fashion

2014年10月29日

藤田 嗣治 氏

F005


洋画家として、世界的に著名な藤田 嗣治(つぐはる)氏。

渡仏したのが第一次世界大戦前の1910年代。

今から100年も前です。

その頃の藤田氏の白黒映像に、カラー処理を施したもの。

当時の資料をもと着色したらしいのです。

着ている背広の鮮やかな色。

チョーネクタイ、丸メガネ、トレードマークの髪型と、なんともオシャレで茶目っ気たっぷり。

  


Posted by I'll Be Home  at 20:29Comments(0)Fashion

2014年10月20日

くり返す

F004.1


先日見た数十年前のハリウッド映画のシーン。

後ろ姿の男性、映画ファンならわかるかもしれません。

ヒッチ・コックの映画出演でも知られているジェームス・スチュアート。

ファションと女優さんの化粧がその時代を感じさせてくれます。

ファションは、くり返すものらしいです。

いつのまにか姿を消した3つボタンのタイトなスーツ。

また流行る時がくるのでしょう。


F004.2

  


Posted by I'll Be Home  at 20:31Comments(0)Fashion

2014年09月23日

男の襟元

F003


背広の襟元、背広やYシャツにネクタイを合わせる。

ネクタイ選びはめんどくさく、むずかしい。

例えば、レジメンタル・タイ(ストライプ・タイ)。

ストライプ柄のYシャツにストライプ柄のネクタイを合わせるのはむずかしい。

でも、少し気をつければ襟元スッキリ。

赤いストライプのYシャツには、赤のストライプが入ったレジメンタル・タイ。

青いストライプのYシャツには、青のストライプが入ったレジメンタル・タイ。

ちょっとしたルールを守って、『オヤジ』と呼ばせない。


余談ですが、イギリスのレジメンタル・タイは向かって右上がりが決まり。軍隊や大学で決まった柄があるらしいから、要注意。

オックスフォード大学出身なの?てなことに。


  


Posted by I'll Be Home  at 15:04Comments(1)Fashion

2014年09月19日

男の足元

F002.


圧倒的に多い背広の色は、紺色とグレー。

圧倒的に多い革靴の色は、黒そして茶色。

さて、靴下の色は。

深く考えず足元をスッキリ見せるには、履いたズボンの色か、靴の色に靴下の色を合わせれば良いのです。二つに一つ。

これを守って『オヤジ』と呼ばせない。

急ぐあまり、子供の白いソックスはいけません。

それでは、白のエナメルの靴には何色の靴下を履く?


   


Posted by I'll Be Home  at 20:31Comments(0)Fashion

2014年09月17日

男の3点セット

F001


少しずつ秋らしくなり、ネクタイとジャケットの季節がやってきました。

いろいろなネクタイの柄、ジャケットの色はあれども男の基本は3点セット。

上からベルト、時計のバンド、靴。

この3つの色が合っていれば、ちょっとオシャレに。

ベルト、時計のバンド、靴をそれぞれ黒と茶の2種類揃えれば良いのです。

太っていても、細くても、この3つの色を合わせてて、明日から呼ばせない『オヤジ』と。


 
  


Posted by I'll Be Home  at 20:29Comments(0)Fashion