2019年01月15日

人気の



アンティークと言えば思いつくのが家具や陶磁器。

買い求めたアンティーク品を鑑定士さんから鑑定してもらうTV番組。

見てても高いのか安いのかまったくわからず。

タイル。

今、人気のアンティーク品なのだそうだ。

倉庫で眠っていた余ったタイルは捨ててしまった...。


  


Posted by I'll Be Home  at 13:00Comments(0)Art

2019年01月02日

面相



ちょっとした向きで表情の変わる人形の顔。

職人であり、エンジニアであり、芸術家でもある

三位一体のからくり人形師。(玉屋庄兵衛氏談)




  


Posted by I'll Be Home  at 13:00Comments(0)Art

2018年12月28日

童子



弓曳童子。

からくり人形師 九代目玉屋庄兵衛氏が、からくり最高峰と言う

江戸期のからくり人形。

動きもさることながら、なんとも言えない表情。




  


Posted by I'll Be Home  at 13:00Comments(0)Art

2018年12月27日

釜ヶ崎芸術大学-5



A B C D・・・・

Ant

アルファベットを題材にした切り絵の絵本。

釜ヶ崎芸術大学の学生さんの作品。

まだ見ぬ孫娘さんへの贈り物。





  


Posted by I'll Be Home  at 13:00Comments(0)Art

2018年12月21日

九代目



からくり人形師 九代目玉屋庄兵衛氏。

天才肌、脚光を浴びた兄が早く亡くなり、九代目に。

地味な九代目は兄と比較され、つらい時期を過ごしたそうだ。

仕事では、時間が迫っても自分のペースを崩さない。

そうすると、なぜかうまくいく。

「何代目という仕事はつらい」

笑顔で話す九代目です。




  


Posted by I'll Be Home  at 17:00Comments(0)Art

2018年12月03日

釜ヶ崎芸術大学-4



いろいろな才能がある。

絵についても、そうだろう。

模写をすると格段と面白い絵を描く人。

想像し得ない色使いをする人。

釜ヶ崎芸術大学の学生さんの作品。




  


Posted by I'll Be Home  at 18:00Comments(0)Art

2018年11月18日

空間絵本



廃校となった小学校。

最後の卒業生となった3人とオバケの物語。

絵本作家 田島征三氏。

新潟県十日町旧真田小学校を活用した「絵本と木の実の美術館」

学校の空間に広がる物語。




  


Posted by I'll Be Home  at 10:00Comments(0)Art

2018年11月14日

下手になりたい



「もっともっと、うまくなりたい」のが人。

「もっともっと、うまくなれ」と育てられる。

一見、子供が描いたのかという絵。

注目を集める河井美咲さん。

夫と3才の娘さんと、いつも一緒。

招かれた国で、個展の絵を一気に書き上げる。

「理想は子供の落書き」

「もっともっと、下手になりたい」




  


Posted by I'll Be Home  at 18:30Comments(0)Art

2018年11月04日

釜ヶ崎芸術大学-3



チラシを丸めた心棒で作った、色彩豊かな三輪車に通天閣。

「生きることは表現」

大阪市西成区、釜ヶ崎芸術大学の学生さんの作品です。




  


Posted by I'll Be Home  at 10:00Comments(0)Art

2018年11月03日

小さすぎる原画



身長181㎝の絵本作家ヨシタケシンスケさん。

普段かき集めたスケッチがなんとも小さい。

絵本は小さな原画をパソコンで拡大。

荒い線を二度筆で書きで整える。

老人が主人公の「このあと、どうしよう」

お子さんからヒントを得た「おしっこちょっともれたろう」

思わず手に取ってしまいそうな題名の絵本ばかり。




  


Posted by I'll Be Home  at 19:30Comments(0)Art

2018年11月01日

釜ヶ崎芸術大学-2



ビールをグビグビと飲む通天閣。

釜ヶ崎芸術大学に足を運ぶ学生さんの作品。

出会いと学びを大切に、誰でも参加できる

NPO法人「こえとことばとこころの部屋(代表 詩人の上田假奈代さん)」

が運営する大阪市西成区の大学。




  


Posted by I'll Be Home  at 18:30Comments(0)Art

2018年10月25日

絵師



明治10年代の東京の風景版画134作品。

26歳の若さで他界した、絵師 井上安治(やすじ)。

※版画作品は、原画を描く絵師、彫師と刷師からなる。


  


Posted by I'll Be Home  at 18:00Comments(0)Art

2018年10月21日



京の町屋に、しんしんと降る雪。

夕陽の包む山並み。

昭和を代表する日本画家 東山魁夷。

音のない静寂な絵が印象的です。




  


Posted by I'll Be Home  at 09:00Comments(0)Art

2018年10月11日

不染



出港する、兵士で溢れ返る船。

帰港した、人気の無い廃船。

火の上がる民家。

日本画家 不染鉄。

染まらない。




  


Posted by I'll Be Home  at 18:00Comments(0)Art

2018年10月06日

クロームメッキ



青みがかったグレーの車体に赤とクロームメッキ色の内装。

ジョバンニ・ミケロッティ デザインの「トライアンフ・イタリア・2000」

嬉々とする「旅するイタリア語」の古澤厳さん。

車も笑顔もステキです。





  


Posted by I'll Be Home  at 18:30Comments(0)Art

2018年09月16日

まんが



「富嶽三十六景」で有名な浮世絵師葛飾北斎。

絵手本(絵の教本)として広まった「北斎漫画」。

数々の職人さん、魚から妖怪まで、繊細かつユーモラス。

思わず、「ぷっ」と吹き出してしまいそうな描写もあります。




  


Posted by I'll Be Home  at 09:00Comments(0)Art

2018年08月13日

ゆかた



床の間も夏である。

ほたるを見上げる、うちわを持ったゆかた姿の女性。

少し涼しげである。

右下には「深水画」と書いてあるようだ。

朝丘雪路さんの父、美人画で有名な伊東深水(しんすい)さんだろうか。

本物?


  


Posted by I'll Be Home  at 18:00Comments(0)Art

2018年06月07日

汗ばむ



NHK Eテレの『オリガミ魔女と博士の四角い時間』(毎月最終週の土曜日PM10:45)

5月は『かえる』。

手が汗ばむほどむずかしいらしい。

6月は何か楽しみである。

(放送された折り紙の折り方は、ホームページの『オリガミラボ』で見ることができます。)

昨日の資格更新のため講習会、終わりのマークシート式の何年かぶりのテスト。

頭がうまく回転せず、手も汗ばみました。




  


Posted by I'll Be Home  at 19:00Comments(0)Art

2018年05月19日

オリガミ



NHK Eテレの『オリガミの魔女と博士の四角い時間』(毎月最終週の土曜日PM10:45)、

俳優 滝藤賢一さん(たきとう・けんいち)が、オリヅル博士を演じる月一回の番組。

1つの折り紙を題材としたほんわかしたミニドラマ。

鶴の折り方も忘れているので、こんなものも折り紙で折れるんだと感心するばかり。

先月は『桜』、5月は何だろうか。

(放送された折り紙の折り方は、ホームページの『オリガミラボ』で見ることができます。)




  


Posted by I'll Be Home  at 18:00Comments(0)Art

2018年05月18日

孟宗竹



床の間の孟宗竹。

いつのまにか、掛け軸が変わっていた。

そういう季節かと思いつつ書を読んだものの、解読不能。

『竹』らしき字もあるが、『秋』に見える字もある。

この時期の掛け軸なのだろうか。

まあ、おいしそうに見えることに変わりはない。


  


Posted by I'll Be Home  at 18:00Comments(0)Art