スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by んだ!ブログ運営事務局 at

2018年06月07日

汗ばむ



NHK Eテレの『オリガミ魔女と博士の四角い時間』(毎月最終週の土曜日PM10:45)

5月は『かえる』。

手が汗ばむほどむずかしいらしい。

6月は何か楽しみである。

(放送された折り紙の折り方は、ホームページの『オリガミラボ』で見ることができます。)

昨日の資格更新のため講習会、終わりのマークシート式の何年かぶりのテスト。

頭がうまく回転せず、手も汗ばみました。




  


Posted by I'll Be Home  at 19:00Comments(0)Art

2018年05月19日

オリガミ



NHK Eテレの『オリガミの魔女と博士の四角い時間』(毎月最終週の土曜日PM10:45)、

俳優 滝藤賢一さん(たきとう・けんいち)が、オリヅル博士を演じる月一回の番組。

1つの折り紙を題材としたほんわかしたミニドラマ。

鶴の折り方も忘れているので、こんなものも折り紙で折れるんだと感心するばかり。

先月は『桜』、5月は何だろうか。

(放送された折り紙の折り方は、ホームページの『オリガミラボ』で見ることができます。)




  


Posted by I'll Be Home  at 18:00Comments(0)Art

2018年05月18日

孟宗竹



床の間の孟宗竹。

いつのまにか、掛け軸が変わっていた。

そういう季節かと思いつつ書を読んだものの、解読不能。

『竹』らしき字もあるが、『秋』に見える字もある。

この時期の掛け軸なのだろうか。

まあ、おいしそうに見えることに変わりはない。


  


Posted by I'll Be Home  at 18:00Comments(0)Art

2018年05月15日

コクトーのフトンカバー



4月のNHK Eテレ『旅するフランス語』(火曜深夜AM0:00~0:25)

芸術家・詩人・映画監督など多才なジャン・コクトーゆかりの地を訪れる南仏の旅。

少し汗臭くなったので、交換してもらったフトンカバー。

なんとも線がコクトーではありませんか。

5月は、画家マルク・シャガールを巡る旅。




  


Posted by I'll Be Home  at 19:00Comments(0)Art

2017年10月17日

表と裏



船をこぐ船頭さんに、ろくろ首。

障子紙に写る影と、裏で影を作り出す滑稽な姿。

表と裏で一つの芸。




  


Posted by I'll Be Home  at 19:00Comments(0)Art

2017年09月13日

泊まれます。


500人が入れる風船

中では、オーケストラの演奏。

大きな風船の可動式コンサートホール。

単管パイプの骨組に、ウレタンホームの断熱材のカプセルホテル。

閉館時間後に宿泊できるイベントもあるらしい。

(10月1日までの開催 21-21 DESIGN SIGHT「そこまでやるか展」)


カプセルホテル21
  


Posted by I'll Be Home  at 18:30Comments(0)Art

2017年09月10日

丸く見える。


21-21 DESIGN SIGHT

白いペンキで塗られた細い木の格子。

鋭角に組まれているよう。

ところが、ある方向から見ると、丸く見える。

という解釈でよいのだろうか。






  


Posted by I'll Be Home  at 17:00Comments(0)Art

2017年09月03日

21,120m



半透明の膜は、ビニールテープのようだ。

中にいるのは2人ずれの高校生の1人。

本を読んでいるのか、写真を撮っているのか。

作品名は「ビニールテープ21,120mの床」。

ビニールテープを21,120m使用して作ったということなのだろう。

高校生が動くとミシ、ミシと音がする。

ビニールテープが切れてしまうのではないか、

蒸し暑いのではないかと思い、入り口から

空間の中を見るだけにした。

なんか、おどろおどろしい。




  


Posted by I'll Be Home  at 17:00Comments(0)Art

2017年09月01日

1180敗



NHKドキュメンタリーで知った加藤一二三氏の通算成績1324勝、1180敗。

長く戦ってきたからこその負け数と羽生名人の言葉。

若き日の一二三氏、迫力があります。

ヒフミンのホワホワ感を色鉛筆で。


  


Posted by I'll Be Home  at 19:30Comments(1)Art

2017年08月03日

トイレなんです。



新築の住宅。

扉の仕上げはシナベニヤ、トイレも含めて自然で、強く主張しすぎないデザインになっています。

現場の進み具合はどうかと見に行ったら、トイレの扉に何かついている。黒い大きな虫か。

近づいて見ると、洋式便器を横から見た形になっている。

現場担当者に聞いたら、お客様が自分で探してきてくれたらしい。

「ここ、トイレなんです。」とひかえめに言っているかのよう。

なかなか洒落ています。


  


Posted by I'll Be Home  at 19:30Comments(0)Art

2017年08月02日

さかなくんと大友氏



さかなくんが東京スカパラダイスオーケストラと共演したTV番組。

Bass saxのさかなくん、カッコ良かったです。

何でもできるんだ。

東京スカパラダイスオーケストラのニューアルバム『Paradice Has No Border』買いました。

大友昇平氏のジャケットイラストが、またまたカッコ良い。

「疾風怒涛」だー。  


Posted by I'll Be Home  at 19:30Comments(0)Art

2017年07月14日

現 美



新潟駅。
乗る予定の上越新幹線「とき」の前に、お~初めて見ました。『現美新幹線』
先頭車両はブルー、どうも後方のようである。(ポスターの先頭車両は黒である。)
次の車両は赤い。止まっていても走っているようだ。
お孫さん連れのおばあちゃんが目立つ。
「荷物持ちでいかがでしょう?」、「申し訳ないのー」。
そんなことになるはずはない。仕方なく「とき」へ。
小さい頃に、現代美術に触れることができる。しかもそれがすごいスピードで走るのである。
現代美術ではないが、こちらもずっと見たかったものが見れるのだ。一時間もすれば。
目指すは「高崎」だ。


  


Posted by I'll Be Home  at 20:00Comments(0)Art

2017年07月10日

引出し-3



父の座っていた机の引き出しを、錐(小さな穴を空ける工具)がないかと探していたら、またまた出てきました。
「カウンター」という名前か?
写真に残そうと撮っていたら、何かに見えてきました。
レゴブロックの黒い忍者?


  


Posted by I'll Be Home  at 19:00Comments(0)Art

2017年07月06日

引出し-2



父の座っていた机の引き出しを、錐(小さな穴を空ける工具)がないかと探していたら、またまた出てきました。
「コンパス」か。
革のケース入り、木の箱になっている。
しかも、水平器付き。
つまみで針をロックもできる。
丸薬入れのような「コンパス」と並べてみた。
方位が一致しない。
どちらかが壊れているようだ。
しかし、なんだか少し高そー。


  


Posted by I'll Be Home  at 19:00Comments(0)Art

2017年07月04日

引出し



父の座っていた机の引出し。
キリ(板に小さな穴を空ける道具)がないかと探していたら、怪しげな真鍮製の丸薬入れかのような入れ物。
恐る恐る開けてみたら「磁石」?名前なんでしたっけ。
「コンパス」、いや「羅針盤」か。
とにかく方角を指すやつです。
十二支の文字が刻んである。
なんだか少し高そー。


  


Posted by I'll Be Home  at 09:08Comments(0)Art

2017年06月19日

サンダーバード1号



子供の頃、一番好きだったサンダーバード2号は以前紹介させていただきました。
今回は、5人兄弟の長男スコット・トレイシーがパイロットをつとめるサンダーバード1号です。
サンダーバード1号は高速ジェット機。
事故災害現場にいち早く駆けつけ状況を把握、救出プランを立てるのが役目です。
スコット・トレイシーはエール大学とオックスフォード大学の2つの大学を卒業したらしい。
頭が上がりません。


  


Posted by I'll Be Home  at 19:30Comments(0)Art

2016年09月30日

双龍



臨済宗建仁寺派本山、山号は東山(とうざん)。
建仁寺法堂の天井絵、双龍図。
守護神の龍が躍る。
迫力にずっと上を見上げていたいが
首が耐えられない。


  


Posted by I'll Be Home  at 18:00Comments(0)Art

2016年09月28日

真ん中



建仁寺。

ガラス越しに屏風絵。

風神雷神図。

右が風をおこす風神、左が雷をおこす雷神だろう。

何度も見た記憶のある絵だが、ずいぶん風神、雷神が両端にいる。

そうだ。屏風の真ん中で風と雷が戦っているのだ。  


Posted by I'll Be Home  at 18:00Comments(0)Art

2016年09月25日

金魚ねぴた



幸福を呼ぶといわれる、金魚。

『金魚ねぷた』は、津軽錦と呼ばれる

金魚がモデルです。

弘前ねぷた祭りの時には、子供たちが提灯のように手に持ち、街を練り歩きます。

お土産屋さんでは、愛嬌のある顔の大、小の金魚ねぷたのお土産を売っていますよ。  


Posted by I'll Be Home  at 18:00Comments(0)Art

2016年09月24日

ねぷた



津軽藩ねぷた村へ。

壁、天井も黒色、照明の落とされた館内に浮かぶ弘前ねぷた。

迫力満点の図柄。

弘前ねぷたは、青森ねぷたと違いその姿は、扇型なのです。




  


Posted by I'll Be Home  at 18:00Comments(0)Art